バイク買取の査定基準と査定方法について

中古バイクは車種や年式、走行距離などでおおよその相場が決まっています。

 

一般的にはバイクの相場が決まっていますが、このように『バイクの状態』によって買取価格が大幅に上下することがあります。その為『バイクの状態』を確認しないと最終的なバイクの買取価格が決まりません。

 

そんな「バイクの査定基準を知りたい」もしくは「査定時に減額対象になる部分を知りたい」といった方に解説します。

 

バイク売却はかなり大切な部分や査定時に確認される部分、査定基準についてまとめてみました。

 

バイクの査定方法

バイク買取の査定基準と査定方法について

バイクの査定方法はとっても簡単♪
バイクの査定をWEBかメールまたは電話で申し込むことですぐに査定価格が提示されます。
そして実際に査定員が売りたいバイクを10〜20分程見て具体的な査定金額を教えてくれます。

 

そこで査定金額に納得がいけばそのまま買取に進みます。
逆に査定金額に納得がいかなければキャンセルしても料金は取られません。(ただしお店にもよりますのでサイトなどで確認しましょう。)

 

入金方法はそのまま現金受け渡し指定の銀行口座に振り込まれます。

 

バイクの具体的な査定項目

バイク買取の査定基準と査定方法について

バイクの査定方法や査定項目は基本的にはどのバイク会社でも見る部分は一緒です。

 

基本的にはバイクの査定項目は決まっていてバイクの査定金額を出します。
各項目のそれぞれの評価をまとめて総合的なバイクの評価が決まる訳です。
といっても査定員の知識や経験でも大きく左右されるのがバイク査定でもあります。
同じ項目で同じ時期に売ってもお店によっては不思議と査定金額が数万円も変わっていくものがあります。

 

少しでも高く売ろうと考えている方はお店選びも重要になるので覚えておきましょう!

 

フレーム全般

バイクの転倒歴は重要になります。
ひどい転倒や事故が起きていないかを確認するために行われています。
車体の歪みは安定走行の妨げとなっており、修理にも費用が掛かるため念入りに確認される項目です。
なのでフレームが歪んでしまうと例え外装を直しても大きな査定する際の減点になります。

 

歪みがひどい場合はハンドルをまっすぐにして走行してもバイクはまっすぐに走らなくなります。

 

外装関係

カウルやタンク、フレーム、ステップ、エンジン周辺など外装からバイクの状態を査定し判断します。
その他にも外装に転倒や事故によるへこみや傷がないか、保管状態が悪く車体全体にサビが発生したり、サビによる塗装の浮きがないかどうか確認します。

 

また、外装だけではなくガソリンタンク内のサビ確認も行われます。
タンク内がサビているとキャブレターつまりなどのエンジントラブルを引き起こす原因になります。

 

因みに査定金額の大幅減点を気にして嘘を言う方もいますがプロの方には外観を見ただけで転倒歴や管理状態が一目で分かります。自分が嘘の申告をしてしまうとプロの方も不安になるので念入りに確認してしまうため見つかった場合、大きな減点になります。

 

また、少しの破損や傷なんかはそのまま査定に出す方がベストです。

 

エンジン類

実際にバイクのエンジンをかけて異音やアイドリングの安定性からエンジンコンディションや廃棄漏れを確認します。
最後にエンジンをふかして回転数を上げた状態で異音の確認をします。

 

不動車の場合は必要に応じてバッテリーの電圧やプラグの状態など不動になった理由を探します。

 

電装系統・保安部分

電装・保安部品ではバッテリーやヘッドライト、メーター関係、ウインカーなどの行動で走行するために必要な部分になります。もちろん、ミラーやブレーキ関係も含まれます。

 

バイクの査定時にもライトや電気駆動の計器類が正常に動作するかを確認します。
またバイクをゆっくり走らせた状態でブレーキ確認も行います。
前後のブレーキが均一に掛かるのか?ブレーキディスクに歪みがないか?などを確認します。

 

フロント周り

転倒や衝突を起こすとフロントフォークが歪むなど変形することがあります。

 

最初に見た目を確認し、ハンドルを下に押して胡乱とフォークの減衰時の動きを確認します。
バイクの査定員によっては、かなり細かく確認されるので気を付けましょう。

 

また、ハンドルバーの曲がりフロントホイールの状態といった部分も比較的減額になりやすい部分ですので要確認です。

 

リア周り

リア周りは必ず確認されるのがリアサスペンションの動きやスイングアームの曲がり、歪み、腐食といった部分になります。
意外とリアサスペンションがへたっていることに気づかない方は意外と多いです。

 

特に長期保管されたバイクは高確率でリアサスペンションが終わっているケースも多いので事前に確認することをオススメします。もう一方のスイングアームは事故でも起こさない限り普通に乗っている分には問題はありません。

 

またチェーンなどがサビていたり伸びきっている、またはリアスプロケットが交換時期を超えて削れて角が出来ているなどといった場合には要交換なので減額対象になりがちになってくるでしょう。

 

オイル漏れの確認

エンジンオイルやフォークオイルなど各種オイル漏れがないかどうか確認します。
特にオイル漏れが多い箇所であるフロントフォークやリアサスペンションのオイルシールが貼ってある部分とクランクケースの結合部分ですので確認しましょう。

 

消耗品の状態

バイク買取をする業者は再販する時のことも考えて査定を行います。
例えばタイヤの残り溝やひび割れ、ブレーキパッド、ライト周りなどの消耗品を確認して交換する部品をチェックします。

 

ただし交換部分が多いと消耗品の部品代が査定金額から差し引かれます。
でも工賃などは含まずパーツの仕入れ価格なども最低限の費用を査定金額から減額しているため、自分で交換するよりも安く済みます。

 

カスタムの確認

カスタムバイクなどの社外品を取り付けてあるバイクは内容に応じて加点減点を行います。

 

ブレーキのメッシュホースやHIDライト、ETCなど人気が高い社外品を付けている場合は加点対象になりますし、有名メーカーのマフラーやまとまりがある完成度が高いカスタムバイクは高く評価されることもあります。

 

トラブルがある場合は必ず申告しましょう!

いかがでしょうか?
基本的にバイクの査定方法や査定基準は同じですが査定を依頼する会社によっては大幅に査定金額が違ったりもします。

バイク買取の査定基準と査定方法について

確かに査定基準を見極めることも大切ですがバイクの査定時で最も大切なことは査定員との信頼関係です。
事故歴があったり何かトラブルがある場合には最初から嘘偽りいなくバイク査定員に申告するようにしましょう。

 

明らかにバイク自体に問題がるのにも関わらずに自ら申告しない場合は、後から見つかると信用がなくなるためバイク査定員は普段よりも時間を掛けて問題になる箇所を見つけますので申告する際は正直に話しましょう。