バイクを高く買い取ってもらうコツとは?

今まで乗り続けてきたバイクを少しでも高く買い取ってもらえるようにインターネットで色々と模索していませんか?

 

それはバイクに限ったことではなく安く売るよりも高く売った方が嬉しいに決まっていますよね。
しかし一方では慌てて売却したり、その場の勢いで査定を申し込んで予想以上に愛車であるバイクを安く叩かれたという方は多いです。

 

バイク買取専門業者やバイク販売店のメカニックは当然バイク査定のプロですから様々な方のバイクを見てきたのですからね。

 

ぶっちゃけて言いますと希望通りの金額で売ること極めて困難です、、。

 

そこでここでは愛車であるバイクの買取査定で注意してもらいたい売却時のコツとポイントをまとめてみました。

 

バイクを高く売るためのコツとは?

バイクを高く買い取ってもらうコツとは?

なるべく古ノーマル状態に近づける

ノーマルよりも改造しているカスタムされたバイクの方が高く売れると思いますが実はというとそうではありません。

 

レアなケースはありますが一部が有名ブランドのパーツや希少性の高いパーツであれば高額買取に繋がります。

 

しかし、中国製のパーツや一時期だけ流行しているパーツなどは大抵は減額査定になりますので注意しましょう。

 

バイクは基本的にカスタムしてしまうとカスタムした部分に負担がかかり故障のリスクが高まります。
なので中古市場でも故障のリスクの低いフルノーマル状態のバイクが以外にも評価されやすいです。

 

特に外装関連はパーツやマフラーなどの排気系パーツはカスタムされる方が多いですが、同じ理由で減額対象になります。

 

バイクの査定前はわざわざ純正パーツを購入して交換する必要はありませんがバイクを保管している方は必ず査定時にバイクと一緒に提出しましょう。この時に純正部品の有無で査定額が大きく違ったりします。

 

査定前は必ず洗車

プロのバイク買取専門業者やメカニックは毎日のように多くのバイクを査定しています。

 

今まで乗ってきたバイクを査定しているプロの目からはどれだけ大切に乗られてきたのか一目見ただけで分かります。

 

だからこそプロの方も大切にしてきたバイクであれば出来る限り高く買い取ってあげたいのが本望です。
ただし、逆に放置されたバイクであればバイク買取業者の方もわざわざ高い値段で買い取らないでしょう。

 

保管状況や事故歴、転倒歴によって車両の状態が大きく変わりますが査定前にしっかりと洗車することでキレイにしているのだと気づいてもらえます。

 

またキレイにすることでボルト類やナット類のゆるみなどを見つけたり消耗部品の劣化や摩擦など発見につながります。
少しでも査定額の減額ポイントを減らす意味でも消耗品や劣化の激しい部分は交換しておいた方が良いでしょう。

 

修理に費用をかけ過ぎないこと

消耗品は出来る限り交換しておいた方が良いと言っていましたが、この時に交換するのは安価な消耗品の方が良いです。

 

また、へこんだ燃料タンクや割れてしまったカウルなどを交換される方もいますが、あまり修理にお金をかけ過ぎると売却金額よりも上回ることになるので注意しましょう。

 

バイク買取専門業者やバイク販売店は独自のルートで様々な部品を持っています。
交換が必要なパーツなどを安価で仕入れることが出来ます。

 

また、自社工場や提携工場も完備しているので手間や工賃も格安に修理が出来ます。
結果としては出来る限り修理や交換をせずに“そのままの状態”でバイクの査定を挑んだ方が良いでしょう。

 

1日でも早くバイク査定を受ける

もしかしたら古ければ古くなるほど高くなるかもという理由から長期で保管して売ろうとする方がいますが、これ安くなるケースですよ。

 

結局、バイクを売却時に予想以上に安く叩かれて「もっと早く売却しておけばよかった、、」と後悔します。

 

一部のマニアックなバイクや希少車などは高く売れることもありますが、ほぼ全てのバイク時間が経過するごとに価値がどんどん下がり続けていきます。

 

なのでバイクの中古買取相場は先延ばしすれば確実に目減りするという事を覚えておきましょう。

 

バイクの査定する時にマイナス情報を隠さずに正直に話しましょう

これもよくあるケースで愛車を安く査定されることを恐れて修復歴や事故歴、転倒歴などを隠している方も多いです。

 

だがプロの目はごまかせません!

 

ばれないように査定前にパーツの交換や修復をしたからといって必ず嘘だと発覚します。

 

もし嘘が発覚した場合は他にも申告漏れがないのかと業者の方も不安になり過剰に厳しくバイクをチェックします。
こうなればトータル的に高額買取は望めないでしょう、、。

 

確かにそういった履歴がある方はバイクの査定に大きく減額されそうな気がしますが自分が思っているほどにたいした減額にはならないケースもあります。

 

なので修復歴や事故歴、転倒歴を隠さずにしっかりと報告するようにしましょう。

 

バイクを売るタイミングを見極める

一番良い時期は2月4月です。
この時期になると春休みやGWに向けてバイクを購入しようとする方が増えてきます。

 

逆に売るタイミングとして一番最悪の時期は冬場である12月・1月・2月です。
この時期は寒さのせいかバイクに乗る方が極端に少なくなるから購入者が少なく安く買取になる可能性が高いです。

 

しかし、新車種が出た場合は一気に値崩れする可能性があるかもしれないので注意が必要になります。

 

売れる時期に待っていてもバイクの価値はどんどん下がってしまいますので結局は自分が売りたい時にバイクを売った方が良いかもしれません。

 

まとめ

バイクを高く買い取ってもらうコツとは?

ここまでバイクの査定前に注意しておきたい部分と高く売れるためのコツになります。

 

これらを意識しながらバイクを売却することで簡単には安く叩かれる心配もなくなります。

 

しかし車種やジャンル、バイクの状態によっては希望通りの金額まで届かないというケースもあります。

 

そこで最後に最も重要な2つのポイントをお伝えします。

 

  1. 中古市場から自分のバイクの相場を前もって知っておく
  2. 複数のバイク買取業者に査定額を比較する

 

まずは愛車の相場を調べることが重要です。
バイク買取専門業者の方やメカニックは自分が中古取引相場を知っているかどうかで査定金額を調整してくれる方もいます。

 

もちろん買取業者も方も少しでも安く買取の利益を出したいために、とりあえず安値で査定されることも多いのが事実です。
なのでバイクの査定前は自分のバイクの取引相場や買取査定額の相場を予めリサーチしてから査定してもらいましょう。

 

また、1つのバイク買取専門業者の方に査定を依頼して値段を比較するよりも複数のバイク買取専門業者の方に依頼をした方が査定金額を比較しやすくなります。

 

ここだけの話、大抵の方は複数のバイク販売店に査定を依頼します。
こうすることで査定金額の比較が出来ますし、例えば「ここの店舗なら〇〇万円で提示してくれました」など査定交渉に必要な交渉材料を見つけることが出来ますので高額査定を出してくれる可能性が出てきます。

 

もちろん各店舗と比較されることはバイク買取専門業者の方も承知の上で査定を行っています。
だから複数の店舗で査定することは迷惑なことでは決してありませんので査定金額が他の店舗よりもかなわない場合は断られることも承知でしていますので安心してください。

 

今回はどのようなポイントを注意しておけばバイクの査定金額を引き出せることが出来るのかを問題にしていますので多少手間がかかりますが、その少しの手間が買取金額を上げるためには必要不可欠なのです。

 

まずは査定金額を知るためにしっかりと複数のバイク買取専門業者の方に査定をしてもらい高額査定を引き出してみましょう!